MENU

内覧時のチェックポイント

積み木

隅々までしっかりと

立川で賃貸物件を手配する際、内覧で実際に自分の目で確認するのが基本です。しかしながら、特に初めての方にとってはどんな点に気をつけるべきか分からない場合がほとんどです。立川で失敗のない賃貸探しをするために、内覧時にどんな観点でチェックすべきかご説明します。お目当ての賃貸物件に入室したら、まずは天井を見上げてみましょう。シミが目立つようなことはないでしょうか。雨漏りや水漏れが生じた部屋の場合、その痕跡がシミとして残っていることがあります。内覧は晴れた日を選びがちなので、意外に見落としやすい箇所かもしれません。次はクローゼットや押し入れといった収納スペースの中に目を移します。洗面所の下や靴棚も忘れずに目を光らせてください。実は収納スペースの内部というのはカビの温床である場合が多いからです。白や黒の斑点が見受けられるようなら、それはカビかもしれません。一旦部屋の外に出てみましょう。1階がコンビニやドラッグストアなどの店舗ではありませんか。立川で生活をしていく上では便利なイメージがありますが、実際に住んでみると意外に騒音に悩まされるものです。特にコンビニの場合は深夜の物音が気になってしまうかもしれません。自分のライフスタイルと照らし合わせて、利便性を重視したいのであればむしろプラスポイントとなる要素ではあります。立川にはたくさんの賃貸物件がありますから、内覧時には上記のチェックポイントを参考にして、よりよい条件の部屋を選ぶようにしましょう。